· 

【Instagram】周りと差がつく加工術【簡単】

《Instagram簡単加工術》

最近のSNSで1番勢いのあるInstagram。
今回はそんなInstagramで沢山いいね!を貰うための写真加工術を紹介します。

インスタ映えやインフルエンサーを目指してる方はまずはここから始めましょう!

意外と知らない写真編集機能

みなさんもInstagramのフィルター機能を一度は使ったことがあると思いますが、その隣の『編集』という機能は使ったことありますか??

実はこの編集機能がとてもハイクオリティなんです!!よくカメラマンが撮った写真を加工するRAW現像と言うものを行うのですが、その工程とそっくりで、スマホの写真が自分好みの写真に変身できるんです。


まずフィルターの横の編集ボタンを押すと下の画面が出てきます。主にできることはこちら!
  • 調整(主に写真の傾き)
  • 明るさ(写真全体の明るさ)
  • コントラスト(メリハリ感、明るいところと暗いところの差)
  • ストラクチャ(くっきり、ザラザラ調整)
  • 暖かさ(色温度の調整、暖色にしたり寒色にしたり)
  • 彩度(みんな大好き色の濃さ調整)
  • 色(キーにしたい色選択、これ難しいよ)
  • フェード(ふんわり調整)
  • ハイライト(明るいところの調整)
  • 影(暗いところ調整)
  • ビネット(周辺減光、縁を暗くする)
  • チルトシフト(周りをぼかす)
  • シャープ(くっきり感調整)
この機能を使えば、インフルエンサーの方がInstagramでアップしているようなカラフルでパリッとした写真も作れるし、レトロな写真やフィルム調にする事も出来ます!

フィルターだと皆と同じになっちゃうから嫌。
自分好みの写真を作りたい。

そんなみんなには超オススメです。
今日は何パターンか編集例を載せるのでみんなもトライしてみてね!

《インスタ映え必須》カラフル パキッ感

Point
明るさ、コントラスト、彩度をあげる
オレンジっぽくしたかったので暖かさもあげる
ビネットを使う事で周りを少し暗く

Important 
ハイライトを少しさげて、シャドウをあげる
これは、どの写真を編集する時も使えるテクニック。明るくなりすぎてる所、暗くなりすぎているところが戻ってきます!

あえてハイライトを上げてハイキーな写真もオススメ。
After
Before

《レトロな写真》昭和感を出そう

レトロな写真は寒い感じに仕上げるのがオススメ。
Point
明るさを落とす、彩度と暖かさも落とす。
少しフェードをかけてボンヤリと。

Important
色のところで、シャドウのブルーを選択してタップ。値を10くらいにして、全体的に青みを強くします。

人それぞれだと思いますが、昔の思い出って、色褪せた映像で頭の中に蘇りませんか??
それを表現できるとベストですね!
After
Before
このテクニックを使えば、白黒の写真も濃淡を調整できたり、色のハイライトで赤を選んで値をあげる事で少しセピアぽい写真に仕上げたり。

そして、さらにハマった方は一眼レフを買ってAdobeのLightroomとPhotoshopで更なる高みを、、、と言うのは余談ですが、少しでも多くの方が写真にハマってくれると嬉しいです。