· 

【一眼レフ初心者】キヤノンユーザーの初めてのレンズ選び《Canon》

Canonレンズ選び 一眼レフ初心者

一眼レフを初めて始める方、もしくは、念願の一眼レフをゲットした方向けに最適なレンズ選びをご紹介します。

 

『せっかく一眼レフ買ったのに、なんか写真が微妙。。。』

 

安心してください、カメラ始めたての頃はこう言う状況に陥る方多いんで!!

じゃあ、なんでこう言う状況に陥っちゃうのか?それは下の2点が多いです。

  1. 一眼レフの力を引き出すレンズを使用していない
  2. カメラの設定をわかっていない

その中でも、今回は『1. 一眼レフの力を引き出すレンズを使用していない』を解決。

特にキヤノン(Canon)レンズを取り上げますが、それ以外のメーカーを使用している方も自身のメーカーの同等品を見てもらえばOKです!!

 

『2. カメラの設定をわかっていない』他のメーカーのレンズ選びは別のブログで書いていきますので、お待ちください。

【レンズの種類のおさらい】

カメラレンズは大きくズームレンズと単焦点レンズがあります。単焦点レンズは決められた焦点距離のみ、ズームレンズは決まった範囲でズームしたりワイドにしたりできます。そして、焦点距離に応じて簡単に3つのレンズに分けられます。

  • 〜35mm 広角 風景撮影
  • 35mm〜70mm 標準 人物、食べ物など
  • 70mm〜 望遠 生き物や遠くにいる人

詳しくは、前回のブログでチェック!!

【どの焦点距離が良いの??】

基本的には広角、標準、望遠が揃っているとベストです。かと言って、幅位広い焦点距離をカバーするズームレンズ(60−600mmとか24−100mm)は金額も高くなりますし、大きさも大きくなってしまいます。

 

さらに、そのようなズームレンズはF値が大きくなってしまいます。つまり、ボケにくいし暗いところでの撮影は不利と言うことです。そこで大活躍するのが単焦点レンズです。特に標準域は単焦点がオススメ。

 

単焦点レンズは決められた焦点距離の分、F値は小さくなります(F1.8や1.4)。そして、Lレンズでなければ、お値段もリーズナブルなものが多い!!

ズームできないのは不便と言う方もいますが、ズームができないなら自身の足で近ずいたり離れたりすれば良いんです。

特に標準域のレンズが活躍する人物ポートレートや食べ物の撮影では動けるすスペースがあることの方が多いので、ズームできない分足で稼ぎましょう。

 

ブライダルやスポーツを撮影するプロのカメラマンは、レンズを替える時間もないので、ズームレンズを使用している場合が多いですが、趣味で撮影する方は単焦点レンズを使用することをオススメします。

《オススメ〜第3位〜》

 

広角+標準:EF24-105mm F4L IS II USM

望遠:EF70-200mm F4L IS USM

 

低予算で多くのシーンをカバーしたい場合は、無難にこの組み合わせでしょう。一つ一つのレンズの大きさは大きくなるので機動力は落ちますが、様々なシーンにも対応できると言う対応力は向上します。

金額的にもレンズ2本分の金額で済むのでオススメです。

《オススメ〜第2位〜》

 

広角:EF28mm F1.8 USM

標準:EF50mm F1.2L USM

望遠:EF135mm F2L USM

 

単焦点のみのラインナップです。一眼レフの良さを一番引き出せるのはこの組み合わせでしょう!!

決められた画角・焦点距離で撮影する技術を磨き上げることもでき、プロカメラマンもこの組み合わせをオススメしています。

《オススメ〜第1位〜》

 

広角:EF16-35mm F4L IS USM

標準:EF50mm F1.8 ll or EF50mm F1.2L USM

望遠:EF70-200mm F4L IS USM

 

この3本が揃えば大抵のものは撮れてしまいます。言ってしまえば、優等生タイプ。

広角と望遠のズームレンズはF2.8(いわゆる大三元レンズ)もありますが、まずはF4で十分です。

【高いレンズは買えないんだけど。。。】

頑張って一眼レフ本体は買ったけど、レンズまでは予算が、、、と言うあなた!

そんなあなたは、まずはこのレンズを使ってください。

中古で買えばトータル5万円行きません!!

 

広角:30mm F1.4 DC HSM (SIGMA)
標準:EF50mm F1.8 ll

 

F値も小さいのでボケの綺麗な写真が撮れますよ!

30mmと50mmがあれば広角で風景も撮れるし、50mmで人物も撮れるから、これで一眼レフの良さを感じてスキルを積んで、次のレンズに行くのがベストでしょう。

中途半端に高いズームレンズやズームキットを買うより絶対にオススメです。